マギレコアニメ中間感想

マギレコのアニメも第6話と1クールの折り返しに差し掛かった1ところで今のところの感想を書きます。 この先のストーリーについてのネタバレはしませんが、原作ゲームとの比較の話をしますし間接的にネタバレをしてしまっている可能性もあるので、ネタバレが嫌な方はご注意ください。

私のステータスを説明しておくと原作ゲームをサービス開始直後からやっていて、しかしまだ第1部を終わらせていないというところです(第1部第10章の敵が強すぎて進めない……)。 ということで久しぶりに原作を知りつつアニメを見ているわけですが、はい、今のところとても楽しく見られています。

実は始まる前アニメ化が発表されたあたりではあまり期待していなかったのですが2、PVが出てきたところで一転楽しみになりました。 無国籍風味だったまどマギ本編と違って、物語シリーズ系の「和」風味のシャフトだ!というのが第一印象。透明な舞台だった見滝原と違い、原作ゲーム的にも「神浜」という街に対してスポットが当てられていた部分が多かったので妥当と思えるところです。神浜の名は神戸と横浜からとられているわけですが、ED映像はみなとみらいなので3、どちらかというと横浜寄りの気持ちなんでしょうか。

いかんせん原作のストーリーは長い上、アニメオリジナルキャラも発表されていたので、アニメではかなりオリジナルストーリー寄りになるのかと思いましたが、今のところ原作のメインストーリーを概ねなぞっていますね。 むしろオリジナルキャラの黒江ちゃんが1話以降まったく出ていないのが面白い。

ソシャゲのアニメというと、ゲームの各キャラのファンのためにキャラを出し過ぎて収集がつかなくなりがちな印象があるのですが、その点を非常にうまく処理しているなと思います。 本筋のストーリー以外のところにはほとんど触れることなく、ちょっとしたカットに各キャラをうまくはめていく。 特に第2話でレナちゃんの変身として五十鈴れんさん(偽)が出てきたのはびっくりしました。 他にも第6話のモブキャラはちゃんと工匠学舎の制服を着ていたり[^3]。 ありあまる豊富な設定を活かして小ネタ的に丁寧に、しかし尺を使わずに原作ファンサービスを入れてくれるのは見事なところです。 ちなみに私が好きなのは里見灯花ちゃんと夏目かこさんです。特に夏目かこさんは出てこないかなと思っていたのですが、ちゃんと出てきましたね。

アニメという媒体は小説やノベルゲームに比べて情報量を盛り込みづらいものだという固定観念があったのですが、必ずしもそうではないとこのアニメで気づかされています。 というのも、一瞬で消えるカットや画面の隅に本筋以外の情報をたくさん埋め込めるのです。 調整屋で食べてるへんなケーキとか…。 こういうものは本筋を追うためには注目しないでいいということが明らかですから、むしろ一度目の視聴者を混乱させることなく、二度目三度目の人には更なる情報を与えられる。 ゲームをこういう形にうまくアニメに落とし込む人の腕に感服です。

情報を埋め込むだけでなく、アニメに適した形に少しだけ設定が変更されている部分も、今のところうまくやっているなと思います。 3話冒頭の灯花ちゃんとねむちゃんの登場シーン(回想シーン)は、原作では大富豪をやっていて突然革命された灯花ちゃんがキレてるんですが、それがアニメでは本の炎上になっています。 イヌカレー的などこまで事実かわからない誇張的な舞台装置を使ってアニメ映えする形にし、そして短いシーンでより二人のキャラを説明しているな、と。 あとレナちゃんが謝るシーンも、おそらく原作で徐々に変わっていったキャラを反映する形に変わっています。 ゆるゆりでは「もしいまのキャラで1話をやり直したら」という趣旨の「ゆるゆりR」というのがありましたが、それに近いものを感じます。 より深い感情が出ていてかわいさマシマシ。良き。

で、以上は原作勢視点からの良さだったわけですが、単純にアニメだけとみて考えると……キャラがかわいい! レナちゃんってこんなにかわいかったか???となって悶えてコマ送りして見ていました。ハンバーガーショップで涙目上目遣いになってるカットはやばい。 ふゆぅもかわいいしな、ほんとな……。

とまあ、そんな感じでございます。 マギレコは唯一まともに[^3]やっているソシャゲだったのですが、アニメになっても楽しめて良いですね……。 原作ストーリーについても書きたいことがあるんですが、それを書くにはこのあとのストーリーについて言及する必要が絶対にあるのでまたの機会に4


  1. そもそもこれが1クールなのか謎なところですが……。

  2. ソシャゲのアニメ化がうまくいった例をあまり知らないので……

  3. 昨夏にみなとみらいを歩いたので「あっ、あそこだ!」となって面白かった。

  4. 半年前くらいから書こうとしていたのに、アニメが始まって間が悪くなってしまった。

京都大学大学院を退学します

f:id:suzusime:20190930194146j:plain
これは記入前の退学願

本日令和元年九月三十日付で京都大学大学院理学研究科を退学します。

明日令和元年十月一日付で大阪大学大学院基礎工学研究科に編入学します。

……はい。
指導教員が阪大に移籍になった関係で大学を移ることになりました。人生いろいろあるもんですね。

学部からあわせて四年半いた京大もこれで離れることになります。
京都は良い街でした。会う人々もあまりに良い人たちでした。
精神的に追い込まれる経験(それも自分のせいで)を重ねながら勉強していった日々は青春でした。

京大は……良かった(過去形)というかんじです。
私の在籍していた四年半の間に京大らしい美風は根こそぎ奪われてゆきました。
もういったい何が残っているのかわかりません。
そういった方面で学んだのは無力だけでした。川添副学長へ呪いの言葉を残すくらいしか私にはできません。
(いったいほんとうは何が、誰がわるいのかなんてこともわからないのです)

名残惜しいようなせいせいするようななんともいえない気持ちです。中退だと卒業式もないですからね。

まあ、籍が変わるくらいで生活はそんなに変わらない気もします。
少なくともしばらくは、引っ越しが面倒だからと京都から通うことにしたので。
(実は京都の友人と気軽に会えなくなると寂しいというのが理由として大きいのですが)

平成の終わりに

昨日(平成最後の昭和の日)に大阪に行ってきました。大阪にいることをSlackに書いたら「大正駅で明治のR-1飲むやつやってきたら?」と促されましたが、なにかが嫌でやる気になりませんでした(逆張り的精神性)。そういうところがだめなんですね。

続きを読む

おんなのこが(普通ではない)麵を食べている絵

すき。

2chのスレ立て風)(そういえばもう2chって言わないんだっけ)

鳴瀬順さん

にせねこさんのpixivを眺めていたら出てきた。初めてこの手の絵を見て衝撃を受けた。なんかよくわからないけどすごくいい。

www.pixiv.net

鳩羽つぐちゃん

しなぎくさんの、つぐちゃんが激辛ペヤングを食べるシリーズ。

つぐちゃんについては「つぐちゃんが普通のユーチューバーっぽいことしているところがみたい」という風潮があるようで、激辛ペヤングはそういう流れっぽい。

二郎もいい。かわいい。

つけ麺もある。

香風智乃ちゃん

昨日ツイッターで流れてきた、チノちゃんが二郎食べるやつ。
www.pixiv.net


pixivには「ラーメン二郎」というタグがあって、それを見ると他にもいろいろ出てくる。

この感情をうまく表すのは難しいけれど、自分と同じ(少し自傷的なものを含む)感覚を共有できるのが良いのかもしれない。
なんだろうね、こう………

ちなみに私は池田屋が好き。あの醤油の味の濃さは最高。
辛いのは苦手(嫌いとは言っていない)。生の実感がほしくなったときにスパイシーの大辛を食べている。『ミミズクと夜の王』で茨に身を裂かれながら走るシーンがあって好きなのだけれど、そんなかんじ。

コマンドプロンプトのカラースキームを変える

たまにコマンドプロンプトでもvimが使いたくなるので香り屋版を入れてみたが、青文字が読めなかったりして厳しいのでパレット(カラースキーム)を変更した。

f:id:suzusime:20190124115331p:plainf:id:suzusime:20190124115347p:plain
ビフォーはなくて両方アフター

使用ツール

www.itmedia.co.jp
こういう話があったけれど、これは新規インストールの場合のみなので、そうでない場合は自分で設定しないといけない。

コマンドプロンプトのプロパティ画面から手作業で設定することも可能だが、Microsoft謹製のColorToolを使うと簡単。
github.com

Release(Releases · Microsoft/console · GitHub)からColorToolの最新版を落とす。

使い方

現在のコンソールの色を変更

colortool.exe -c campbell

現在のコンソールの色を変更して確認できる。
このcampbellが新しいコマンドプロンプトのデフォルト色。
カラースキームはschemesディレクトリの中にあるものを読み込める。
campbellの他にもいくつか入っていて、私はOneHalfDarkにした。

追加したい場合は、iTerm2用のカラースキームファイルが読めるらしいのでそれを借りてくるとよさそう。
github.com

新しく開くコンソールのデフォルト色を変更

colortool.exe -d campbell

余談

このリポジトリには他にConPTYのサンプルがある。
news.mynavi.jp
よくわかんないけれど、ちょっと面白そうではある。

一太郎

 一太郎2018を買おうものか迷っている。

 めあてはもちろん(?)付属のイワタフォントである。
www.justsystems.com

 一太郎は毎年新しいバージョンが出るが、最近は毎度毎度別のフォントがバンドルでついてくる。
 ちなみに、来年2月発売の2019の付属は秀英体*1
www.justsystems.com

 で、バンドルフォントではありがちなことに、普通にメーカー直販で買うよりもかなり安い。
 私はイワタ明朝体オールド(岩田明朝体)がかなり好きで、「一番好きな書体は?」と聞かれたら、「そんなことを聞かれても困るけど強いて言うなら」といいつつこの書体を挙げるのだが、この書体(Pr6/Pr6N版)をメーカー直販で買うと17280円(税込)というわけでなかなか買うには至らずにいる*2
 そこでこの一太郎2018だと、このフォントのほかにいろいろついて(フォントだけでも計8書体)15000円弱なわけである。
 それでも額自体は大きいわけで、なんともなと思いつつ2月の発売からここまできてしまったのだが、買うならそろそろ決めないといけない。
 一太郎は次のバージョンが出たら市場からなくなる1年の期間限定商品なのである。

 ところで秀英体についていうと、別に嫌いではないはずなのだけれど、たぶんこの改刻後の秀英体で組まれている数年前に改版された岩波の万葉集の雰囲気がなんとなく好きになれなくて、あまり印象がよろしくない。
 書体に興味をもちはじめた頃に楽しく読んだ懐かしのサイト(ライトノベルの本文書体と萌え傾向の相関関係)での秀英体についてのはなしの印象は強く、たしかにマリみてのよかったなとは思うのだけれど。なんとなく今は秀英体がくどく感じてしまう。

 ラノベの話をだしたのでついでに言うと、岩田明朝体といって自分が真っ先に思い浮べるのはスニーカー文庫でありハルヒである*3。(まあ漢字は本蘭らしいが。)
 SF的な物語、そこに出てくるカタカナの小さな字面の印象がとても強い。
 とはいっても岩田明朝体の漢字も好きで、たとえば「燈」の字みたいに偏とつくりが食いこんでいる処理とかが好き。

 ちなみに、別の書体のはなしだが、一つの漢字で好きというものを挙げると凸版明朝の「熾」の字がある。というのもこの字、「音」の1画目を横線にするという古めかしく一般的ではないデザインになっているのである。非標準的文字が好きなオタクなので。

f:id:suzusime:20181224180528j:plain
アサウラベン・トー』(集英社スーパーダッシュ文庫)100ページより

 とまあ、文字についていうと「ちなみに」とかいっていくらでも話をつなげられてしまうのだが、それは別の機会にして、一太郎についての話に戻る。

 一太郎は2010の頃に親を説得して買ってもらってから家のパソコンに入れて使っていたので、わりと印象がよい。
 日本語で雑に*4文書の類をつくるには最高のツールだと思う。
 中高生の頃は学校で使うものを一太郎でつくりまくっていた。高校のときは文化祭実行委員をしていたので、説明会の資料なんかを一太郎でつくって、家で印刷して、生徒会室のリソグラフ*5で大量にコピーして配っていたのである。
 家でもネットの情報を適当に一太郎にコピペしてちょっと体裁を整えて印刷して……といったことをしょっちゅうしていた。
 こういう作業をするのに一太郎はほんとうにストレスが少なくてよいのだ。Wordなどと比べると、なんとも「日本人好み」なユーザー体験がある*6

 が、今ソフトとしての一太郎がほしいかというと、昔から思えば嘘みたいなほどにそういう気持ちが薄い。
 というのも、ワープロソフトを使う機会が全然ないのだ。

 大学に入って以来私はMS Officeを自分のパソコンに入れている*7のだが、それでもWordをまともに使ったことは大学4年間で数えるほどしかない(というよりPowerPoint以外ほとんど使っていない)。
 大学で書くレポートの類はほぼ全て手書き*8だし、PCで読むような文書はほぼMarkdownだ。同人誌をつくったりもしたが、それはLaTeX。印刷して読むようなもの(論文の類)はだいたい最初からPDFになっている。

 「今までなんのために使っていたのだろう」と不思議に思っていたが、上に書いたような用途を思いだしてみると、「カジュアルに印刷して読むことが減った」のがワープロソフトを使わなくなった原因であろうと気づいた。その要因として大きなものは、私の下宿にプリンタがなく、印刷しようと思うとコンビニなどに行かねばならないことだと考えられる。他にも、スマホを手にいれたことで、インターネットの情報が印刷しなくても寝ころがったりしつつ読めるようになったことも理由かもしれない。

 そして、この状況はしばらく変わらなそうである。

 というわけで、一太郎そのものがほしいかというと微妙なのである。
 もちろん一太郎プレミアムにはいろいろついてくる。
 ATOKは大きそうなのだが、最近IMESKKにはまってしまって抜けだせそうにないので、残念ながら使えない。
 Shrikenは昔愛用していたのだが、最近はいろいろな端末からメールを確認したいという需要がでてきて、結局Gmailをそのまま使っている。
 残るは花子だ。これに関しては、家庭用グラフィックソフトとしてのできは最高レベルだと思うし、使いみちもそれなりにありそうな気がする。

 というわけで、一太郎プレミアムを買うとなると実質的にフォントと花子のために、ということになるが……結局買ってしまいそうな気がする。
 買い切り1万5000円は比較的安いし、そして私は期間限定に弱いのである。

*1:2013のときも秀英体がついていた(私は買っていない)ので、「初収録?」と思ったが、たしかに両方秀英明朝をつけているものの、文字セットが違う(2013のときはStd、2019はPr6N)。

*2:文字セットを妥協すれば随分安くなるけれど、普段から変な漢字を使って文章を書きがちな人間なので、どうせ買うならPro版以上がほしい

*3:小6のときハルヒを図書館で借りて読んで以来オタク世界に入っていった人間なので。

*4:ここでいう「雑に」は例えばInDesignIllustratorとかを引っぱりだすほどガチではないような程度のものを指す。

*5:デジタル孔版簡易印刷機

*6:とくに「きっちり揃える」がやりやすい気がする。

*7:大学生協が契約してくれているおかげで月100円でOfficeがぜんぶ使えるということで、さすがに安いと思って入学してすぐに契約した。

*8:これは手書き指定されているとかいう話ではなくて、物理なので単純に手書きのほうが楽で速い。