謎の雑学botの話

アドベントカレンダーの素振りです。 角ハイボール(500mL缶)を飲んで気持ちがいいのでふと今思い出したことを書きます。

京都大学大学院を退学します

これは記入前の退学願本日令和元年九月三十日付で京都大学大学院理学研究科を退学します。明日令和元年十月一日付で大阪大学大学院基礎工学研究科に編入学します。……はい。 指導教員が阪大に移籍になった関係で大学を移ることになりました。人生いろいろある…

平成の終わりに

昨日(平成最後の昭和の日)に大阪に行ってきました。大阪にいることをSlackに書いたら「大正駅で明治のR-1飲むやつやってきたら?」と促されましたが、なにかが嫌でやる気になりませんでした(逆張り的精神性)。そういうところがだめなんですね。

おんなのこが(普通ではない)麵を食べている絵

すき。(2chのスレ立て風)(そういえばもう2chって言わないんだっけ) 鳴瀬順さん にせねこさんのpixivを眺めていたら出てきた。初めてこの手の絵を見て衝撃を受けた。なんかよくわからないけどすごくいい。www.pixiv.net 鳩羽つぐちゃん しなぎくさんの、…

コマンドプロンプトのカラースキームを変える

たまにコマンドプロンプトでもvimが使いたくなるので香り屋版を入れてみたが、青文字が読めなかったりして厳しいのでパレット(カラースキーム)を変更した。ビフォーはなくて両方アフター 使用ツール www.itmedia.co.jp こういう話があったけれど、これは新…

一太郎

一太郎2018を買おうものか迷っている。一太郎2018 プレミアム バージョンアップ版出版社/メーカー: ジャストシステム発売日: 2018/02/09メディア: DVD-ROMこの商品を含むブログを見る めあてはもちろん(?)付属のイワタフォントである。 www.justsystems.c…

ななひらとフランス

院試の前の8月上旬頃から「3ヶ月100円」の謳い文句に負けてSpotifyと契約し*1、そのままだらだら使い続けている*2のだけれど、院試前の一時期はSpotifyは延々とななひらの曲を流すのに使っていた。で、Spotifyのななひら曲再生数一位は“Ange du Blanc Pur”と…

キーボードにない文字を入力する方法の話

Windows篇 DTP関連の文献では、よく「"This" のような『まぬけ引用符』ではなく “This” のようなきちんとした引用符を使いましょう」という趣旨の記述があるが、このきちんとした引用符の入力方法として、「Altキーを押したままテンキーで0147を入力し、Alt…

yaftを使う

yaft is 何 github.comYet Another Framebuffer Terminal の略で、フレームバッファ端末上で動く端末エミュレータ。昔からこの分野には fbterm という有名なソフトがあるが開発は止まっており、最近も更新されているものを探してみたところyaftが出てきたの…

「半分」について

突然「半分」という概念がわからなくなって困惑している— すずしめ (@suzusime) 2018年10月28日ボロノイ図という言葉があった— すずしめ (@suzusime) 2018年10月28日 〔これは雑な記事です〕先日映画を観に行ったら、『響』という映画の予告で「天才とはわず…

msys2のvimでシンタックスハイライトが効かない問題

いつからかわからないがmsys2のvimでシンタックスハイライトが効かなくなっていた。 しばらく放置していたが面倒になってきたので解決策を探したところ、次のサイトをみつけた。 Depian etchのVimで構文ハイライトが効かない そして、これを試してみたらその…

近況報告

書きたかったことを書いていったら長くなってしまった。

「ポリコレ」についての雑感

社会を覆い尽くす「ポリコレ」の動きにものすごく違和感を覚えるのだが、かといってまともに論理だててブログ記事を書けるかといえばそんなこともなさそうなので、とりあえず酒の勢いで思うところを書き留めておく。要するにぜんぶただの気持ちである。

はいふりカメラとゆく京都

「はいふりカメラ」というものがある。 スマートフォンなどで使えるアプリ*1で、使用方法は簡単、フレームを選んで写真を撮るだけ。 それでキャラクターのいる写真を撮ることができる。金閣寺。初めてはいふりカメラを使って興奮した。 はいふり(『ハイスク…

Evernoteについていた最高のPDFリーダーがなくなってつらい

かなしみに任せて記事を書く。私は去年の10月頃からEvernoteを使っていた。 そのあたりの動機については割愛する*1が、1月から課金する程度には便利に思って使っていた。早速本題であるが、Windows版のEvernoteにはオリジナルの*2PDFリーダーがついていた。 …

応用情報技術者になった

今日もなんにもできなかったね。明日もきっと何もできないよ、ハム太郎…… ということで「だめだー」となっているのだけれど、唯一の明るい話題。 鬱々としたことばかり書いていても何なので書いておく。 10月に受けた応用情報技術者試験の結果発表が今日(12…

ごちうさ映画の話 / SECCON 2017 Online CTFにでてみた話

12月ということで人々がアドベントカレンダーに精を出しているのを眺めていると、もうタスクを積みたくないからとアドベントカレンダーに登録しなかった私であっても、やはりブログでも書いて世界に何事かを発信していくかという気持ちになるもので、従って1…

量子力学の演算子の話

量子力学の講義や演習で、演算子が波動函数に直接作用しているように書かれていることがよくあった。という具合。 こういうのが出るたびによくわからない気持ちになっていた。 波動函数というのはで定義される「数」であり、物理量(一次演算子)の作用する…

『クロックワーク・プラネットI』を読んだ

『クロックワーク・プラネット』原作小説をこの前ようやく見つけ*1、その第一巻を読み終えた。素晴らしかった。私はアニメから入った口なので(恐らく)三巻までのストーリーは知っている訳だけれど、それでも泣けた。圧倒された。あらすじは公式サイトを参…

情報と物体

先日(土曜日)、メロンブックスで好きな同人サークルのCDを手に入れてきました。そしてPCに取り込んで聴こうとしたのがつい先ほどなのですが、そこで「あれ???」と。曲名入力をコピペで楽しようと公式サイトを見に行ったのですが、過去の作品一覧ページ…

メモツールについて

私は結構長い間 FitzNote というメモツールを使っています。素晴らしいソフトなのですが、乗り換えたい気もずっとしていて、どうしようかという思いがあるのでそれをちょっとここに書いておきます。 FitzNoteの良い所 なにより手軽に書けるのが素晴らしいん…

名前

「だって名前を断ち切る蜻蛉切でしょう? 私、ジョセフィーヌとかスザンヌとか、いろいろと通り名作ってるから。そっちのほうが軽いし。刃って、切りやすい方に滑るわよね」 「――ま、待て!」 二代が叫んだ。 「蜻蛉切は、通り名だろうと、機体称呼だろうと…

鴨川

夜の鴨川は怖かった。 河原を自転車で走っていくと、滝の近くを通るたび、ごうごうと響く水音にびっくりする。 こんなにこの川は激しかっただろうか、大きかっただろうか。 そんなことを思ってしまう。夜の川は漆黒である。向こう岸や橋の上に明かりがあった…

XeLaTeXだとかな混植が簡単にできて最高だという話

結論だけ知りたいひとのために \documentclass[a5paper,xelatex,ja=standard, enablejfam=true]{bxjsbook} \XeTeXgenerateactualtext=1 \usepackage{zxjatype} %仮名のブロックを定義しておく。 %定義した後は一度キャンセルしておく。 %(そうしないとかな…

数値解析と物理学

数値解析と物理学 #mathematics #physics https://t.co/rCOSOw9EUJ @SlideShareさんから そういえば、シンプレクティック・オイラー法あたりについてこの前した発表のスライドを昨日あたりこっそり上げていたので、よろしければどうぞ。— すずしめ (@suzusim…

憧れ

南家の郎女の神カミ隠カクしに遭ったのは、其夜であった。(中略)姫は、何処をどう歩いたか、覚えがない。唯家を出て、西へ西へと辿ってきた。降り募るあらしが、姫の衣を濡した。姫は、誰にも教はらずに、裾を脛ハギまであげた。風は、姫の髪を吹き乱した…

巫女の日

本日3月5日は「巫女の日」でありまして、本当は何かしら絵を上げたかったのですが、やっぱり無理というかんじになってきたので諦めてかわりにブログ記事を綴りたいと思います。 巫女の日への思い 中学一年生の時『我が家のお稲荷さま。』のコウちゃんにえも…

エラーの先にあるもの

この記事はKMC お絵かき Advent Calendar 2016 の6日目の記事です。 www.adventar.org前日の記事はnonamea774さん……のはずですが、今のところ投稿されていません。……本日は12月28日であり、これはアドベントカレンダー6日目の記事です。つまり、3週間ほど遅…

後期がそろそろ半ばを越えて/学生自治の話/二重登録の話

二ケ月弱あった夏休みはどこかえ消えてゆき、かわりに大学の憂鬱を置いてゆきました。と書き始めた記事の下書きがずっと残っていたのでいたので書き足して公開します。少なくとも私は望んで大学に来て望んで物理学を学んでいるわけでありまして、その学習の…

海潮音

春日霞みて、葦蘆のさゞめくが如、笑みわたれ。 磯浜かけて風騒ぎ波おとなふがごと、泣けよ。上田敏『海潮音』(新潮文庫)所収 ジァン・モレアス「賦」より 憂鬱なとき、詩のことばが染みわたることがありますよね。 詩全体の内容は頭に入ってこなくとも、…