読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憧れ

南家の郎女の神カミ隠カクしに遭ったのは、其夜であった。(中略)姫は、何処をどう歩いたか、覚えがない。唯家を出て、西へ西へと辿ってきた。降り募るあらしが、姫の衣を濡した。姫は、誰にも教わはらずに、裾を脛ハギまであげた。風は、姫の髪を吹き乱し…