随筆(ポエム)

名前

「だって名前を断ち切る蜻蛉切でしょう? 私、ジョセフィーヌとかスザンヌとか、いろいろと通り名作ってるから。そっちのほうが軽いし。刃って、切りやすい方に滑るわよね」 「――ま、待て!」 二代が叫んだ。 「蜻蛉切は、通り名だろうと、機体称呼だろうと…

憧れ

南家の郎女の神カミ隠カクしに遭ったのは、其夜であった。(中略)姫は、何処をどう歩いたか、覚えがない。唯家を出て、西へ西へと辿ってきた。降り募るあらしが、姫の衣を濡した。姫は、誰にも教わはらずに、裾を脛ハギまであげた。風は、姫の髪を吹き乱し…